イライラへの対処法 自己流感情コントロール術

日々生活していると、イライラしてしまったり、怒りが湧き上がってきてしまうことはないでしょうか。

でも怒ってもあまり良いことはありません。仕事や趣味が手につかなかったり、無関係の人とも険悪なムードになってしまったり…

あまり怒らないで生活できた方が、利点は大きいはずです。

 

私も仕事中など瞬間的に怒ってしまうことは結構あります。しかし周りから温厚な性格だと見られがち。なぜなら、すぐに怒りをおさめているから。

今回は自分なりの怒りへの対処法を紹介してみます。

近しい人には怒っていることはバレてますけどね!

 

具体的な対処法

対処法として私が行っていることは以下の3つです。

  1. 深呼吸
  2. 忘れる
  3. 何かに取り掛かる

これだけ。非常に単純ですが、これを心がけていると効果があります。少し解説をしていきますね。

 

まず、1の深呼吸について。

怒っている場合に限らず、落ち着かないときには呼吸が浅くなりがちです。一旦深呼吸をすると周りが見えるようになり、気持ちも落ち着いてくることを感じるはずです。

 

次は2の「忘れる」です。

怒りが強烈であればあるほど、頭から離れないとは思いますが、そのことに執着しないように努力します。

これは最初は難しいかも知れませんが、怒っていても自分に得なことは何もないな、と感じられるように成れば、こっちのものです。

怒っても疲れるばかりなので、怒っていたことを忘れてしまいましょう。

 

人を叱る時には怒らなければいけない、と思っている人もいるかも知れませんが、そんなことはありません。

「怒る」とは個人の感情なので、怒らなくても叱ることは出来るのです。

 

極め付けは3の「何かに取り掛かる」。

考え事でも、書き物でも、ゲームでもなんでもいいです。集中できるものに取り掛かってしまえば、怒っていたことなど綺麗さっぱり忘れてしまいます。

あとで怒りを思い出してしまうこともあるでしょうが、怒っているよりも他のことを考えた方が有意義です。

また、前にあなたを怒らせた人に会った時にも、出来るかぎり怒りを思い出すことはやめましょう。

誰彼かまわず仲良くする必要はありませんが、不要な対立を起こすと自分のためになりません。

 

まとめ

八方美人になることはありませんが、怒りに任せて行動しても、あまり心は晴れません。

合わないな、という人は私にもいますが、用がなければなるべく気にしないように過ごしています。

どうしても対立してしまうことはありますが、なるべく感情的にならないことで、ネガティヴな感情が尾を引かないようになります。

もし怒ってしまうことに悩んでいる方は、ぜひ試して見てください。

グラノーラ

毎日美味しい!フルグラ!

どこかの回し者ではありませんので安心してください。

 

私はカルビー社の「フルグラ」の長年の愛用者で、学生時代からかれこれ7年くらいはお世話になっていると思います。

利用しているのはもっぱら朝食時。時間がないときにもすぐ食べられるので、おすすめ。

人によってはちょっと甘すぎるという意見もありますが、今回はこのフルグラを今更ながら紹介してみようと思います。

 

フルグラって?

フルーツが入ったグラノーラで、シリアルの一種です。

ドライフルーツと穀物がうまく配合されており、その美味しさからシリアル部門の売り上げ日本一を記録しています(2016年)。

ちなみにフルグラは今でこそ正式名称が「フルグラ」ですが、2011年までは「フルーツグラノーラ」という商品でした。発売20周年を機に名称変更をしたということです。

 

どうやって食べるの?

基本は牛乳をかけてそのまま食べるだけ。それだけで甘くて美味しいです。

他にはヨーグルトをかけて食べたり、豆乳をかけるという方法もあるようです。

牛乳をかけるとしばらくすると柔らかくなるのですが、ヨーグルトの場合はあまり食感が変わらず、硬いほうが好みの方はヨーグルトの方がいいかもしれません。

ちなみに私は牛乳派で、妻はヨーグルト派です。

 

また、オススメの食べ方がお好みのフルーツやドライフルーツを追加して食べる方法。私はバナナやキウイを入れるのが好きですが、他にも合うものは色々あると思います。

お腹空かない?

たくさん食べれば大丈夫です(笑)。

私は朝食をフルグラにするときには1.5〜2合くらい食べているので、お昼まではなんとか持ちます。主原料は穀物なので、ある程度吸収も遅くてすぐにお腹が減るということはありません。

太らない?

甘いのでここが気になるかたもいるかと思います。

私は週の半分くらいは朝食で食べていますが、問題ありません。しかし私は太りにくい体質なので、参考にならないかも…

少し食べてみて様子をみてください…

 

というわけで本当に今更ながらフルグラの紹介でした。興味のある方は買ってみてください。

※ドラッグストアで安く買えることが多いです。

サーバーって何?IT用語の基礎解説

私はしばらく前からプログラミングの勉強はしてきているのですが、その周辺の機器やネットワークの知識についてはあまり触れてきていませんでした。

しかし最近思うところがあり、IT業界の仕組みを学ぶべく、色々と本を読んだり、ネットで調べたりしています。

 

今回は、サーバーについて調べてみたので、その一番基礎の部分である、「サーバーとは一体なんなのか?」というテーマでまとめてみようと思います。

なぜサーバーなのかというと、もともと、サーバーってその名の通りデータか何かを供給(serve)するものなんだろうなー、という認識はありましたが、具体的にどんな「モノ」をサーバーといって、どんな役割を果たしているのかという部分については、曖昧な知識しかありませんでした。しかし、サーバーはIT業界でなくともよく聞く用語です。そんな重要な言葉もわからないようではいけない!と思いましたので、調べてみました。

 

サーバーの定義

サーバーは一体何をするモノなのか。そもそもハードなのかソフトなのかもよくわかりません。wikipediaによると

サーバあるいはサーバーserver)は、サービスを提供するコンピュータである。コンピュータ分野のクライアントサーバモデルでは、クライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する機能を果たす側のシステムを指す。

サーバー用のコンピュータ機器(ハードウェア)などもサーバと呼ぶ場合がある

いまいち掴みにくいかもしれませんが、なんらかのサービスを提供するシステムのことをサーバーと呼ぶんだなということはわかりました。

ではどんなものを提供するのか。

 

サーバーの機能

提供するものはサーバーの種類によって、

メールサーバーであれば、メールのデータ

プリンターサーバーであれば、プリンターへの印刷処理の指示

といったように様々です。そして提供するサービスによって名前が違ってきますが、行なっていることは、原則として、

  • 要求を受け取る
  • 要求に応じた処理を行う
  • 処理結果を送り返す

という処理です。そしてサーバーに対して要求をする側を「クライアント」と言って、これもよく聞く単語なので、覚えておきたいですね。

具体的には、サーバー側でデータベースを持っていて、クライアントから「こういうデータをくれ」という要求に対してデータを探し出して返答する、というパターンがよくみられるようです。

 

まとめ

上記をまとめて非常に簡単に、「要求に対して処理を行い、結果を返答するシステム」のことをサーバーと言えると思います。

そしてそれはPCのサーバー用のソフトウェアを入れることで実現できるので、個人で一般的に使うPCでも、サーバーとしての役割を担えますし、専用でコンピュータを用意してサーバーとして使う場合もあるでしょう。また、一つのコンピュータ内に、複数のサーバーを入れて動かすこともできます。

 

以上でサーバーが何をするものなのか、非常に簡単ではありますが、まとめてみました。参考になれば幸いです。

 

なお、間違った点などお気づきになりましたら、ご指摘ください。

風邪になりそう…そんな時の直前対処法

何だか体調が悪くて、熱はないんだけど、悪化しそうな予感がするときはありませんか?

私が今まさにその状態です。

そんな時に数年前から行っている対処法があり、効果を感じているので、単純なものですが、方法をご紹介します。

 

※ この記事で書いているのは、あくまでも個人的に気をつけていることです。体調が悪くなったらお医者さんへ。

 

1. 水を飲む

体調が悪くなりそうなときにまずやることは、水をこまめに飲むことです。

私は普段から1日あたり1 ~ 1.5リットルほどの水を飲んでいるのですが、風邪をひきそうな時には少し増やして、1.5 ~ 2リットルほど飲みます。

喉の渇きをあまり感じていなくても、喉をうるおす程度に少しずつ飲むのがオススメです。

それから、水を飲むことで体を冷やしてしまわないように、白湯にしたり、夏でも常温の水をこまめに飲むようにしています。あまり一度に飲むと体に負担となってしまう場合もあるので、気をつけて。

 

体の水分が不足すると、免疫力が下がってしまうそうなので、水分補給は欠かさないようにしています。

 

2. 食べ過ぎない・無理して食べない

体調が悪い時には、栄養をつけなきゃ!という考えもあると思うのですが、私は食欲がないときには無理して食べないようにしています。

これは風邪で医者にかかったときにも、消化にやさしいものを勧められますし、私の経験上、食べ過ぎた後に、風邪をひくことが多いです。

胃腸がもともとあまり強くないのかもしれませんが、最近特に食べ過ぎるとぐったりしてしまうことが多いです。

医学的なことはわかりませんが、自分が無理して食べると明らかに元気がなくなる体質なことをわかってきたので、体調に不安があるときはセーブするように気をつけています。

 

以上、参考になるかはわかりませんが、風邪になりそうな時の対処法でした。

coding

プログラミングの会話でよく出てくる、ライブラリとは?

プログラミングの業界にはとにかく専門用語が多いですね。それもカタカナの。

簡単にイメージできない用語も多くて、私も未だに四苦八苦しているところですが、プログラミングに触れていない方でもわかるような形で、用語の解説をしてみたいと思います。

今回取り上げるのは、「ライブラリ」です。

 

概要

ライブラリは、非常に単純に言うと

よく使うプログラム(関数など)を集めたもの(ファイル)

何ですが、これだけだとイメージがわかないですよね。

例を挙げながら見ていきたいと思います。

 

解説

Pythonでよく使われるライブラリにdatetimeという名前のライブラリがあります。このライブラリには、日付を扱う機能がまとめられており、

datetime.date.today()

と打ち込むと、コンピュータは現在の日付を出力してくれます。(実際にターミナル等で使う場合にはインポートという作業が必要です)

もしライブラリを使わずに同じことをやろうと思うと、自分で同様の処理をするプログラムを書いて、実行しなければいけません。

もし沢山の人が使う機能なら、それをまとめて、誰でも使えるようにしておいた方が効率的ですね。

プログラムの世界では、作業を効率化するための様々なライブラリが公開されています。それらは公式に言語の開発者が出しているものもあれば、どこかの団体で作って公開しているものもあります。

もちろん、個人的によく使う機能がある場合には、ライブラリを作って、後で使うこともできます。

 

まとめ

ライブラリは、効率的に作業するために、よく使う機能をまとめているファイルだということが、何となく掴めたでしょうか。

 

以上で非常に簡単ではありますが、ライブラリの説明でした。

もし間違いなどありましたら、指摘していただけると幸いです。

モンティ・ホール問題の簡単な紹介と解説

確率に関する問題で、「モンティ・ホール問題」というものがあります。

これは、多くの人が直感的に出す答えと、実際に計算して出された答えが大きくかけ離れており、解説をされても納得できない人が多いことで有名です。

私は以前にこの問題を見たときには、納得できない人たちの一人でしたが、よくよく解説を読んで納得できました。そして自分の直感がいかにあてにならないかを思い知りました。こういう体験をすると、世界が広がった気がしますね。

非常に面白い問題なので、自分の備忘録的な意味も込めて、紹介します。

 

問題の概要

ここでは、純粋に確率の問題としての内容を紹介します。この問題についての論争や、名前の由来についてお知りになりたい方は、Wikipediaをご覧いただければと思います。論争もかなり面白いので、興味があれば見てみてください。

以下が問題の内容です。与えられた2つの選択肢のうち、どちらが有利かを答える問題です。

問題:

  1. 3つのドアのうち、1つが正解です
  2. プレイヤーはまず1つドアを選びます
  3. そのあとで、プレイヤーは残りの2つのうちハズレのドアを1つ知らされます
  4. プレイヤーは選択するドアを、最初に選んだものから、残ったもう1つのドアに変更することができます。
  5. プレイヤーがアタリを引くためには、ドアを選び直した方が良いでしょうか

私は最初にこの問題を見たときには、どっちを選んでも確率は変わらないんじゃないの?と思いましたが、いかがでしょうか。もしこの問題をご存じない方は、一度考えて見てください。

 

ドアを変えなかった場合

順を追って問題を整理してみます。まず、最初に選択する段階では、3つのドアから一つを選ぶので、アタリを引く確率は

1 / 3

ですね。

もしも、選び直すことがなければ、選択肢を与えられなかったのと同じなので、最終的な確率も 1 / 3 で変わりません。

問題は、選び直した場合の確率です。

ドアを変えた場合

選びなおす場合、残った2つから選ぶので、1 / 2 ? と思う方は多いのではないでしょうか。「ハズレを知らされた時点で選び直す」と考えてしまうと、はまってしまっています。ここで発想の転換が必要です。

選び直す段ではなく、ドアが3つある状態から考えてみましょう。

最初の時点で、ドアは3つあります。その中でハズレが2つ、アタリが1つなので、それぞれの確率は、

ハズレを引く確率: 2 / 3

アタリを引く確率: 1 / 3

です。

ここでハズレのドアが減らされることになりますが、ここで確認です。

もしも最初にアタリを選択していた場合、変更すると外れてしまいます。

では、最初にハズレを選択していたら?

最初にハズレを選択していた場合、ドアを変更すると、必ずアタリを引くことになります。

おわかりいただけただろうか

 

もう一度ご覧いただこう。

3つドアがある段での確率は、

ハズレを引く確率: 2 / 3

アタリを引く確率: 1 / 3

 

つまり、最初にハズレを引いていれば、必ずアタリに行き着くわけです。そしてその確率は、ドアを変更しない場合と比べて、2倍。

この事実は、当時(1990年)の数学者を含む多くの人が納得できず、大変な論争を巻き起こしたそうです。しばらく論争は続きましたが、コンピュータでのシミュレーションでも同様の結果が得られ、この問題に対する正しい理解が広まっていったということです。

この問題に最初から正しい答えを出していたマリリンさんは当時大変な批判を浴びたそうです。よく考えずに人を批判してはいけませんね。私も肝に命じなければ。

 

自分なりにわかりやすいようにまとめてみましたが、ご納得いただけましたでしょうか。もし力になれたら幸いです。

毎日ブログを書いてみて(2週間)

ブログに毎日投稿し始めてから2週間が経ちました。一応1ヶ月間を目標としているので、半分達成したことになります。

このタイミングで一旦今思っていることなどを書いてみようとまとめておこうと思います。

 

記事のネタ

まだたったの2週間なので、思いつくことはたくさんあるのですが、調査が必要だったり、画像が必要だったりして、準備が必要なものが結構あるので、毎日投稿するとなると、時間が足りません。

これは自分の技術力や筆が遅いことも一因なので、慣れてくれば状況が変わるかもしれませんが、現時点では毎日投稿するということで制限がかかってしまっているのが実情です。

 

閲覧数

アクセスはほぼありません。

Twitterを始めてから、ちょぼちょぼと見てくださる方がいるようですが、一日ひとり、ふたりがいいとこです。

ここは割り切って考えていて、続けるしかないだろうなと思っています。

 

モチベーション

今のところは下がってきていません。思っていることを書いていくことで自分の頭が整理できる感覚もあり、将来的に見てくれる人も増えればいいかなーと思っています。

でも正直いうと、やっぱりたくさんの人に見てもらいたい。

そうするともっとやる気も出てくるだろうなー。

 

今後の予定

冒頭にも書きましたが、目標は1ヶ月毎日投稿すること。

しかしそれだけだと面白くない!

あと2週間で毎日10人くらいの方には訪れてもらえるように、研究をしていきたいと思います。

1ヶ月たったら、更新頻度を落として、質の高い記事を書けるように勉強しながらやっていく予定です。

新しいことを始めるときの3つのコツ

私は小さい時から、興味の赴くままに色々な分野の本を読んだり、スキルを身に付けようと躍起になったりしてきました。

色々と勉強する中で、自分なりに効率的に身につける方法を探してきたので、自分なりの方法論を紹介してみようと思います。

 

1.入門書を読んでみる

今の時代、インターネットという便利なものがあるので、検索して済ませてしまえばいいや、と思っている方も少なくないでしょう。確かにネットには情報が溢れ、学べることは多いですし、それで済むのであれば、いいと思います。

しかしインターネットに上がっているのは、断片的な知識であることが多いです。

もし学びたい分野の入門書が見つかるのであれば、読んでみる。可能であれば、別の著者が書いているものを数冊。

こうすることで体系的な知識が得られるのと同時に、復習にもなります。

そして複数冊読むことで、重複する部分があると思いますが、それが重要な知識であることもわかります。

入門書を何冊か読む頃には、その分野の基礎的な知識が身についていると思います。

経験上、基礎が身についていると、発展的な内容も理解が早いです。

(分野によっては、書籍よりもインターネットの方が、よく学べるものもあると思います。)

 

2.やってみる

本を読むことで、知識をつけることができます。しかしその知識を使うためには?

実践ですね。

学んでいる分野の性質にもよりますが、実践できるものなら、実践してみるのが一番。

書籍に問題が載っているようなら、解いてみる。プログラミングなら、打ってみる。なんらかのコツなら、試してみる。

実際に経験することで、強く記憶に残りますし、そこで失敗したなら、より記憶の定着はいいですし、学ぶことも多いでしょう。「失敗は成功のもと」という言葉の通りです。

本を読むことも重要ですが、実践が伴うとより効果的になります。

 

3.毎日やる

可能な限り、学びたいことには毎日触れましょう。時間は短くても、毎日やることが重要です。

人は忘れやすい生き物です。毎日やることで、前日にやったことも多少思い出すことにつながり、復習にもなります。

そして、これは完全に自論ですが、毎日勉強の対象に触れていると、「この行為は生活に必要不可欠だ」と脳が認識してくれて、記憶の定着が良くなると信じています。

 

結び

いかがだったでしょうか。学びたい分野によっては実践できないものもあるでしょうけれども、効率的に何かを習得する際には、この3つが重要だと思っています。

もちろんこの方法論は個人的なものですし、より良い方法はないかと、今でも模索中なので、今後も変わっていくものだと思いますが、今回紹介したものが、参考になれば幸いです。

眠りたいけど眠れない…そんな夜には

明日は予定があって早く起きなきゃいけないのに眠れない…

こういう場面ってありますよね。私は朝型なので、基本的に夜はすぐに眠ってしまうのですが、変な時間に起きてしまって、眠れなくなってしまうことがあります。

焦ってしまうと色々考えてしまって、余計に目が覚めてしまう。そんな時に私がよくやっているのが、「自律訓練法」です。

名前からは何をやるのか想像がつかないと思うのですが、一種のリラックス法です。

あやしい印象を持って身構えてしまう方もいるかもしれませんが、実際にリラックスできるので、興味を持ったら試してみてください。

 

自律訓練法って一体何なの?

自律訓練法(じりつくんれんほう、Autogenic training)とは、1932年にドイツの精神科医シュルツ(Schultz,J.H.)によって創始された自己催眠法であり、リラクゼーション技法である。ストレス緩和、心身症、神経症などに効果がある。

Wikipediaより引用

というわけで、リラックスできる状態になるよう、自己催眠をかけるという方法です。

実際の方法や、行う上での注意点については、こちら(九州大学心療内科)が詳しいので、ご覧いただきたいのですが、以下の言葉を頭の中で唱える、というのが手順です。

各手順は「公式」と呼びますが、第3公式以降は注意すべき点があるので、ここで書くのは第2公式までにします。基本的に私は第2公式までしかやりませんが、大分落ち着くことが出来るので、ここまででもオススメです。

 

手順

各手順では、唱えていることが実際に感じられるようになったら、次の公式に移行します。※ゆったりした姿勢で深呼吸をしながら行います。

  • 背景公式: 気持ちが落ち着いている
  • 第1公式: 右手が重たい → 左手が重たい → 右足が重たい → 左足が重たい
  • 第2公式: 右手が暖かい → 左手が暖かい → 右足が暖かい → 左足が暖かい

もしこのまま眠らない場合には、以下の動作をおこなってください。

  • 消去動作:
    • 両手を強く握ったり、開いたりする
    • 両手を組んで大きく伸びをする
    • 首や肩を回す
    • その他、深呼吸などをして催眠状態から覚める

眠ってしまう場合には、消去動作は行う必要はありません。

 

まとめ

自律訓練法は、入眠時以外にも、不安な時やストレスを感じる時にも効果的だとされていて、神経症などの治療にも使われているそうです。

日常的に行うと、リラックスしやすくなり、どこでも自律訓練法を実践できるようになるということなので、不安になりやすい方は試してみてはどうでしょうか。

 

簡単な紹介でしたが、不眠症に悩んでいた妻も、この方法で眠れることが多いので、眠れない夜に是非試してみてください。

 

下に、詳しい説明が載っているサイトのリンクをいくつか貼っておきますので、より詳しく知りたい方は見てみてください。

ブログの最適な更新頻度は?

まだまだブログを更新し始めたひよっこなので、経験を積むために現在は毎日更新して見ていますが、正直なところ、時間がない。

書いてみたいことはたくさんあるのですが、時間がかかりそうで、その日投稿する記事をギリギリであげるので精一杯。

内容を良く練る時間も、画像を作ったりする時間も、有限な時間をこれ以上ブログに当てることは現状では厳しいですね。

 

更新頻度について検索してみると、毎日更新が必要と言っているものもあれば、クオリティを上げなければ意味がない、というものも出てきます。

量と質が両方とも確保できるのが理想ですが。。

 

将来的には、読んでくださる方の役に立つような記事を書きたいので、更新頻度は落とす予定ですが、今は修行期間だと思って、記事の質にはこだわらず、1ヶ月くらいは毎日更新を目指そうと思います。

また暫くしてから、感想と考察を書いてみます。