飽きっぽい私が勉強を継続するための方法

私は長期間継続して物事に集中することが苦手です。

大体短期間でどっぷりはまって、他に惹かれるものが見つかると、そちらに移る。ということを何度も繰り返してきました。

外国語もそう、絵もそう、哲学、天文、AI…

 

しかし、短期集中よりも、細々と長期継続する方がどうも効きそうだということに気づきました。しかも細々とやると飽きずに続けられる!

 

最近の実践例としては、昨年の12月から毎日、英語とプログラミングの勉強を継続しており、1日5分から30分程度しか基本的に行っていませんが、(気分が乗った時には1~2時間くらいしているかな)段々と身についてきています。

英語はTOEIC840点(以前は8年くらい前にとったきりですが、750点程度)

プログラミングは身についた指標にはなりませんが、Python 3 エンジニア認定基礎試験合格

 

毎日長時間取っていると、どうしてもやれない日が出てきて、習慣にならないし、「頑張る」必要が出てくるんですよね。それよりも自分には頑張らなくていいくらいの時間を毎日とる方が性に合っているようです。

以前はあまり意識していませんでしたが、大学受験も就職の試験も早めに始めて、長期間やっていたなぁ。

あとここ2ヶ月くらい自重筋トレも継続していて、2~3日に一度5分程度時間をとっているだけですが、明らかに体型が変わってきています。

筋肉は嘘をつかない!

 

各所で散々言われていることだとは思いますが、何かが習慣になると、継続できる。継続すると、身につく。

私の体験談でした。

最近の日課について

私は子供の頃からいつも何かにはまっていて、ブームが来ているときは、気づくとそのことを考えたり、調べたりしていて、そのことが日課になります。

自分では、昔からやりたいと思っていたことが多いので、不思議なつもりはないのですが、友人や家族から見ると奇妙に見えるのか、驚かれることもしばしば。

今回は現状はまっているものについて書いてみようと思います。

 

現在はまっているもの

  • プログラミング

私は高校生〜大学にかけて言語学に興味があり、言語に対する興味の一環として、3年ほど前に一度ブームが来ました。

ネットで受けられる無料講座(Codecademy)で3つくらいのコースを受講し、一旦ブームは去ったのですが、昨年の12月頃から、本腰を入れてやる気になったので、Pythonを中心に毎日勉強しています。最近はUdemyの講座を受けたり、オリジナルのアプリを作ったりしています。

  • 英語

上でも書いた通り、言語には昔から興味があったのですが、興味対象が言語学や音声だったので、使う方はあまり上達していませんでした。

こちらも昨年の12月に「英語を使えるようにする」と決意をして、自分に一番足りないと思われる単語の勉強を中心に、英語でニュースを読んだり、英語のPodcastを聞いたりしています。

単語の覚え方についてはひとつ記事を書こうと思っています。

  • 筋トレ

仕事をし始めてからほぼ運動をしていないので、運動不足が気になって1ヶ月前くらいから始めました。時間とお金がかかるので、ジムに行く気がせず、自宅で自重筋トレをしています。やっているのは

デクラインプッシュアップ(足を高いところに置いて行う腕立て伏せ)

腹筋ローラー(別名アブローラー)

です。それぞれ10回3セットを3日に一度行っています。

目標は逆立ち腕立て伏せができるようになることです。

 

 

今後

いろいろなものにこれからもはまって行くと思いますが、器用貧乏にならないように、今までの経験を組み合わせて何かできないか検討したり、ひとつのものを長期間続けられるような工夫をしたりしています。