サーバーって何?IT用語の基礎解説

私はしばらく前からプログラミングの勉強はしてきているのですが、その周辺の機器やネットワークの知識についてはあまり触れてきていませんでした。

しかし最近思うところがあり、IT業界の仕組みを学ぶべく、色々と本を読んだり、ネットで調べたりしています。

 

今回は、サーバーについて調べてみたので、その一番基礎の部分である、「サーバーとは一体なんなのか?」というテーマでまとめてみようと思います。

なぜサーバーなのかというと、もともと、サーバーってその名の通りデータか何かを供給(serve)するものなんだろうなー、という認識はありましたが、具体的にどんな「モノ」をサーバーといって、どんな役割を果たしているのかという部分については、曖昧な知識しかありませんでした。しかし、サーバーはIT業界でなくともよく聞く用語です。そんな重要な言葉もわからないようではいけない!と思いましたので、調べてみました。

 

サーバーの定義

サーバーは一体何をするモノなのか。そもそもハードなのかソフトなのかもよくわかりません。wikipediaによると

サーバあるいはサーバーserver)は、サービスを提供するコンピュータである。コンピュータ分野のクライアントサーバモデルでは、クライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する機能を果たす側のシステムを指す。

サーバー用のコンピュータ機器(ハードウェア)などもサーバと呼ぶ場合がある

いまいち掴みにくいかもしれませんが、なんらかのサービスを提供するシステムのことをサーバーと呼ぶんだなということはわかりました。

ではどんなものを提供するのか。

 

サーバーの機能

提供するものはサーバーの種類によって、

メールサーバーであれば、メールのデータ

プリンターサーバーであれば、プリンターへの印刷処理の指示

といったように様々です。そして提供するサービスによって名前が違ってきますが、行なっていることは、原則として、

  • 要求を受け取る
  • 要求に応じた処理を行う
  • 処理結果を送り返す

という処理です。そしてサーバーに対して要求をする側を「クライアント」と言って、これもよく聞く単語なので、覚えておきたいですね。

具体的には、サーバー側でデータベースを持っていて、クライアントから「こういうデータをくれ」という要求に対してデータを探し出して返答する、というパターンがよくみられるようです。

 

まとめ

上記をまとめて非常に簡単に、「要求に対して処理を行い、結果を返答するシステム」のことをサーバーと言えると思います。

そしてそれはPCのサーバー用のソフトウェアを入れることで実現できるので、個人で一般的に使うPCでも、サーバーとしての役割を担えますし、専用でコンピュータを用意してサーバーとして使う場合もあるでしょう。また、一つのコンピュータ内に、複数のサーバーを入れて動かすこともできます。

 

以上でサーバーが何をするものなのか、非常に簡単ではありますが、まとめてみました。参考になれば幸いです。

 

なお、間違った点などお気づきになりましたら、ご指摘ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA