coding

プログラミングの会話でよく出てくる、ライブラリとは?

プログラミングの業界にはとにかく専門用語が多いですね。それもカタカナの。

簡単にイメージできない用語も多くて、私も未だに四苦八苦しているところですが、プログラミングに触れていない方でもわかるような形で、用語の解説をしてみたいと思います。

今回取り上げるのは、「ライブラリ」です。

 

概要

ライブラリは、非常に単純に言うと

よく使うプログラム(関数など)を集めたもの(ファイル)

何ですが、これだけだとイメージがわかないですよね。

例を挙げながら見ていきたいと思います。

 

解説

Pythonでよく使われるライブラリにdatetimeという名前のライブラリがあります。このライブラリには、日付を扱う機能がまとめられており、

datetime.date.today()

と打ち込むと、コンピュータは現在の日付を出力してくれます。(実際にターミナル等で使う場合にはインポートという作業が必要です)

もしライブラリを使わずに同じことをやろうと思うと、自分で同様の処理をするプログラムを書いて、実行しなければいけません。

もし沢山の人が使う機能なら、それをまとめて、誰でも使えるようにしておいた方が効率的ですね。

プログラムの世界では、作業を効率化するための様々なライブラリが公開されています。それらは公式に言語の開発者が出しているものもあれば、どこかの団体で作って公開しているものもあります。

もちろん、個人的によく使う機能がある場合には、ライブラリを作って、後で使うこともできます。

 

まとめ

ライブラリは、効率的に作業するために、よく使う機能をまとめているファイルだということが、何となく掴めたでしょうか。

 

以上で非常に簡単ではありますが、ライブラリの説明でした。

もし間違いなどありましたら、指摘していただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA