Pythonの勉強歴(3)

振り返って

前回は勉強歴を書きましたが、見事に迷子になっている気がしますね。実務という意味で考えると、一度勉強会でアドバイスを受けた通り、早い段階で動画講座やネットの資料を見ながら、アプリを実際に作ってみた方が良かったのだと思います。

経験は無駄にはならないと思いますが、寄り道をしてしまった感があります。

私はやりたい方面が定まらず、ふらふらしてしまいましたが、やりたいことが決まっていると上達も早いでしょうね。

 

利用した主なサービス・書籍

勉強の際に利用した主なサービス・書籍を箇条書きで紹介します。機会があれば個別に記事を書くかも知れません。

Webサービス

  • Codecademy
    • プログラミング学習サービスです(基本無料)。環境構築をすることなく、ブラウザにコードを打ち込むだけで受講できるので、お手軽。日本語非対応ですが、そこまで難しい英語は使われていないので、やってみると意外と問題ありませんでした。課金すると手厚いサポートや有料講座が受けられるようです。
    • Pythonコース他多数の講座を受講しています。基礎の部分が非常に丁寧で、わかりやすいので、オススメです。発展コースは不親切なものや、バグらしきものも見られます。
  • Coursera
    • オンライン動画講座サービス。有名大学の授業が手軽に受けられるというコンセプトで、数年前までは無料の講座も多かったようですが、現在は定期で料金を支払うコースが大半です。分野はプログラミングに限らず、様々な学部のものがあります。修了すると、証明書の発行も受けられます。
    • 私が受けたのは一番有名な機械学習のコースです。私には難しかったのですが、基本的な考え方は学ぶことが出来ました。
  • Udemy
    • 同じくオンライン講座サービス。こちらは大学とは関係なく、個人で動画を上げることができるサービスで、基本的に有料。コースごとに買い切りで受講できます。
    • 登録した直後は90%以上の割引が受けられたので、色々と買ってしまい、今消化中です。
    • Pythonのアプリ開発系の講座を主に受けています。評価が高いものはやはり質が高いですね。
  • PyQ
    • 「90日でプログラマーに」をコンセプトにBeProudが運営するサービス。Codecademyのように、ブラウザでコードを打ち込むだけで学習ができるので、環境構築の必要がありません。日本語でのサービス提供がされているので、英語に抵抗のある方はこちらがいいかもしれませんね。
    • 基礎的な部分はこれだけで学べるかと思うのですが、途中から「一度やっただけだとわからないな」という部分が多く、私には合いませんでした。
  • Connpass
    • IT勉強会支援プラットフォーム。勉強会を開催したい個人や企業と、参加したい人をマッチングさせるサービスです。
    • 私はとあるもくもく会と機械学習の会に参加させてもらいました。個人的に時間的な制約があり、他の参加者とあまり話ができなかったので、活用しきれなかったのですが、勉強会自体は非常に面白かったので、また利用したいと思っています。

以下は書籍ですが、紹介はまたの機会に

書籍

  • 基礎Python 基礎シリーズ
  • Pythonチュートリアル 第3版
  • Introducing Python
  • Pythonクローリング&スクレイピング

 

今後の方針

現在Udemyでアプリ作成の講座を受講しているので、それを進めながらオリジナルアプリの製作も同時に進めていこうと思います。現在考えているのは自分で使うためのルーティン管理アプリ。経過も上げていければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA