「Python 3 エンジニア認定基礎試験」を受験しました

Pythonの基礎文法の試験である、「Python 3 エンジニア認定基礎試験」を’17年8月13日受験したので、結果と感想について、書いてみようと思います。試験の詳細についてはこちらPythonエンジニア育成推進協会)

 

結果

800点(1000点満点)で合格・・・あんまり良くないですね。合格ラインが700点なので、ギリギリではありませんが、結構間違えてます。間違えた箇所は以下の通り

4章:2問

6,8,9,10,11,12章:各1問

本番は1時間ありますが、20分程度で終了し、見直しをする余裕が十分にありました。隣の席で試験を受けている人も、同じくらいの時間で終わっていました。

 

感想

認定教材として指定されている、「Pythonチュートリアル 第3版」がきちんと理解できていれば合格ラインには達するという印象でした。

私は趣味でPythonに触れていた程度でしたが、教材を1度通読&写経した後、配点が高いところを重点的に3〜4回復習して挑んだところ、8割取れましたので、ある程度Pythonに触れていれば、難しい試験ではないと思います。

問題の中には写経しているだけでは解けない問題もありましたが、教材の中のコードを全て理解していれば7割はいけそうな気がします(あくまでも気がする程度です)。

 

これから受ける方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA