択一式試験の攻略法

択一式の試験というのは、複数の選択肢の中から一つの正解を選ぶ試験ですが、この試験方式はセンター試験であったり、資格の試験で多く使われています。

効率よく勉強するにはどうしたら良いでしょう。

資格試験の対策をする時間というのは限られている場合が多く、効率が悪いと時間がなくなってしまうことも往々にしてあります。合格という目標を達成するためには、効率的な方法を見つけるのが、早ければ早いほど良いでしょう。

 

私は資格をたくさん持っているわけではありませんが、勉強法については色々と調べてきたので、現時点で私が最も効率的だと感じる方法をご紹介します。

もちろん効率的な勉強法というのは人それぞれで、これから示す勉強法があっていない人もいると思いますので、あくまでも参考程度に見て頂ければと思います。

 

具体的な方法

勉強の方法は複雑ではありません。

  1. 信頼できる問題集を見つける。
  2. 問題集を解く。
  3. 答え合わせをする。この時、特に間違えた問題の解説をよく読み、問題に印をつけるなどして、間違えたことが後からわかるようにしておく。
  4. この作業を繰り返す。

これだけです。

 

それぞれの手順を解説していきます。

 

1. 問題集選び

まず最初の段階、問題集選びについてです。

ここが一番センスを求められるところで、慎重になる必要があります。

選ぶべきは、試験範囲を網羅していて、解説がしっかりしているもの。

今はインターネットという便利なものがあるので、レビューを見たりして調査をした上で、実際に本屋で中身を確認するのが良いでしょう。評判が良くても自分に合わない可能性もありますからね。

繰り返しになりますが、ここは慎重に。問題集が悪いと、そのあとの勉強の時間が無駄になってしまいますから。

ここで成功すればこっちのものです。あとは単純。

 

2. 問題集を解く

問題集を解きましょう。

他に言うことはほぼないのですが、一つコツとしては、しばらく解けなかったら、諦めましょう。問題の質にもよりますが、「5分解けなかったら答えを見る」などのルールを決めて、どんどん進めていくことが大事です。資格試験は一度深く悩むよりも、間違えながら何度も同じ問題に触れたほうが有利です。

また、もし計算等の作業が必要でない場合には

 

3. 答え合わせ

やり方は先ほど書いた通りなのですが、解説をしっかり読むことと、間違えた問題がわかるようにしておくことに注意しましょう。

良い問題集は正解の選択肢以外の解説もしっかりしているので、なぜ間違えたのか、しっかり分析すると、学習が早く進むでしょう。

印をつけるときには、自信がないものもわかるようにしておくと良いかもしれません。ここは好みなのでご自由に。

 

4. 繰り返す

問題集は最低でも3週すること。繰り返すことで、脳はしっかりと物事を覚えてくれます。繰り返すときには、簡単に解けた問題に時間を取られないように、印がついていないものは軽く見る、または飛ばしてしまうことで効率が上がります。

 

以上で紹介を終わりますが、いかがでしたでしょうか。

人は失敗することで多くを学びます。たくさん問題を解き、何度も失敗することで記憶の定着につながるのです。

この勉強法はそのままだと使える場面が限られるかもしれませんが、実践と復習をすることがキモなので他にも応用が効くかと思います。

あくまでも私なりの勉強法ですが、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA